ホーム > 市民向イベント > 北アルプスの展望台 北穂高岳 3,106m
 

足利の天狗山と両崖山

石井清一

  今年の桜は遅れていたので、250mと標高の低い里山だったが、見頃の桜を眺めながら足慣らし山行をして来ました。

  わざわざ県外それも栃木県の足利の里山ハイクに参加する人がいるのかと心配していたが、そこそこ集まりバスも25人乗りの小型から28人乗り中型に変更し、留守本部を予定していた志村理事長に急遽リーダーをお願いする事になった。

参加者24名とリーダー4名(梅澤、水上、志村、石井)の合計28名で行く予定が、当日朝に2名のキャンセルが出て、26名が天理ビル前に集まった。
  4月15日(日)朝7時に出発し、好天が予報され、道路が混むだろうという予想に反し、首都高速、東北道を順調に抜けた。東北道の蓮田SAでは次の北関東道の出流原PAがトイレだけしかないので買出しをお願いした。

  北関東道の足利ICで下り、足利の市内を抜けて、通り七丁目のバス停前(常念寺)に着く。

  寺の前で体操と出発前の班別のメンバー・諸注意確認後、10時に登山口(標高37m)の階段を登り出す。

  すぐに雑木林の急登となり、天気も良いので汗をかく。服を脱いでさらに登って、見晴らしの良い見晴岩に寄る。幾つかのコブを越え、今日歩く右廻りのスカイラインを見ながら、本日の最高点259mの天狗山に11時に到着した。

  ここで嬉しいハプニングが発生。

  参加者には「運が良ければ天狗山山頂で記念のお守りが置いてあり、先頭の何人かはもらえるかも」とあいまいな期待させていたのだが、私達の天狗山の募集要項とお守りをたくさん持って、私達のパーティーを待っている人がいると言うではないか。「下見の時に会った方から頼まれて、朝から待っていたのだ」と言うのだ。

  参加者全員が記念のお守りをもらう事が出来き、感謝感激よい思い出を持ち帰ることが出来た。

  「インターネットでお守りの事が紹介され、置いておくとすぐ無くなってしまうので、持って待っていたとの事。このハイキングコースを10年前に開設して以来、約1万5千個のお守りが登山者に渡った。」との事。

  両崖山へ行く途中に急な岩場にロープあるが、巻き道を使い登り返す予定が、下り始めてしまう。慌てて追いかけ、戻して巻き道に誘導するが登り返さずに両崖山へ向かうパーティーも出てしまった。

  両崖山は山城跡なので、個人的には空堀跡に興味を持ったのだが、参加者は満開の桜のトンネルに興奮していた様だった。

  足のつりかけた人がいたが、幾つかコブを越えて、古墳とレストランのある織姫神社に13時半に到着した。

  登り下りが多いので、1000m位の山を登って事になるので、一部の参加者は足が重くなり、バスの留まっている足利学校脇までの移動はダラダラと長い列になってしまい、足利学校のボランティアカイドの方を15分程待たせてしまう事になった。その為、説明を15分割愛してもらい、15時に足利鹿島園温泉に向かう。

  少しだけ長風呂をし、飲み物を仕入れて、下見の時に渋滞した50号を使わずに館林ICから東北道にのった。帰りも順調で19時20分に横浜天理ビル前に到着した。早く着いたので反省会を実施した。

  募集打ち出しの足慣らしの花見山行としては最適だったと思う。


男体山 (志津乗越より往復)

男体山 (志津乗越より往復)

ページトップ

足利の裏山 天狗山259m  両崖山251m

 関東平野の奥座席、足利の裏山に登ります。 梅澤理事ご紹介の変化に富み、足慣らしに適した山です 晴れていれば、山頂からは関東平野が一望、東京スカイツリーも(?)見える事でしょう。
大崖山は山城のあった山です。 出会えるのは花嫁姿か天狗様か
尚、咋年より会員制度「横山歩」に移行してます。< 登録料500円2年度有効>


期日 2012年4月15日( 日) (朝発、日帰り)
行先 足利の裏山 天狗山259m  両崖山251m
参加費 8,000円 (バス代、小屋代、傷害保険、登録料)
募集  40名<最少20名>
集合 6時45分横浜駅西口 天理ビル前 (横浜山岳協会旗)
コース 横浜=>(湾岸・首都・東北)=>佐野IC=>織姫公園…>天狗山…>両崖山…>織姫公園 =>(東北・首都・湾岸)=>横浜    
コースタイム約3時間
歩行時間 約3時間
歩行距離 約6.1Km
標高差 約220m
途中のトイレ なし
短縮コース 途中5本の下山路
お弁当 各自持参願います。(味噌汁、ココアは用意します。)
参加費 振込連絡を受けてから、横浜銀行・仲町台支店(6003441)口座名「石井 清一」へ、又は ゆうちょ銀行仲町台支店(098)普通0801467口座名「石井清一」)
一週間を目処に振込願います。振込連絡は最少遂行定員数を超えてから行います。
問合せ 横浜山岳協会 石井へ 電話・FAX(夕方6時から9時) 又はメールにて願います。
キャンセル料 10-8日前20%、7-2日前30%、前日40%、集合時間前50%、後・無連絡100%
当日の連絡先 携帯090-4724-4050 石井

*登録(次回から500円引き)は来年秋まで有効です。昨年登録者は7,500円です。
*同行するリーダーは協会役員と各会からの加盟団体の山岳指導員が担当します。
*コースは天候・現地や参加者の状況・下見の結果などで変更する事があります。
*時間等が許せば、帰路に入浴を予定しています。 着替え・タオルなど用意願います。
*集合写真などをホームページ掲載にします。
*申込者には次回の募集要項や来年の山行プラン等を送ります。

ページトップ