ホーム > 市民向イベント > 南八ヶ岳の展望台 編笠山2,523m 権現山2,715m

編笠山・権現岳 報告  

石井清一

編笠山・権現岳
編笠山頂上 富士山はどこ?

2011年6月11,12日
南八ヶ岳、編笠山・権現岳
  横浜=(中央高速)=>観音平…>雲海…>(A)押手川…>編笠山…>青年小屋(泊)
               (B)押手川…>青年小屋…>編笠山…>青年小屋(泊)
青年小屋…>権現岳…>青年小屋…>押手川…>観音平=(中央高速)=>横浜
参加者 12名 (キャンセル返金者4名)
リーダー 石井、水上、志村

 家を出て駅に向っていると天気が悪いので、キャンセルしたいととの連絡が入る。今回は応募者が少ない上にキャンセル者も多い。
 横浜をバスで出る時は雨と風が強かった。天理ビル前はビル風でビニール笠が飛ばされて壊れてしまったツアーカイドもいた。とても外で待たせる状態ではなく、水上さんが地下に移動させていた。
 リーダー間の連携が悪く、未着者とキャンセル者の確認に手間取り出発が遅れたが、車が少なく、おまけに運転手はだみ声の藤沢さんなので、順調に進み、遅れを取り戻す。
 北に進むほど天気は回復するが山にはガスがまつわりついている。
 登山口の観音平のグリーンロッジは無くなっている事を下見の時に確認していたので、道の駅にてトイレ休憩する。
 観音平はガスの中だったので、カッパを着用する人が多かったが、1ピッチも行かないうちにガスが上がりだし、雲海では稜線に昇るガスと果てしなく広がる雲海を見ながら昼食を摂る。
 ガスを追いかける様に押手川(コケを手で押すと川の様に水が出た?)の分岐点に着き、志村Lのグループは当初の計画通り編笠山を目指す。水上Lのグループは編笠山に行きたい人もいた様だが出発時の変更案内通りに巻き道を通って、青年小屋に向う。
 編笠山の頂上は風が強く、ガスの切れ間に視界が良くなる時があり、地図で調べた方向に富士山が顔を出した時は読図の勉強のご褒美ではと思った。  水上グループは小屋でゆっくりしていたので待ち切れず下山を開始すると森林帯に入ると残雪があり、その先のヌカルミで水上グループとすれ違う。肩に出ると小屋が見えるがガスの為、本当に近づかないと小屋が見えなかった。
 小屋に着き、受付をしようとすると小屋代が無い。探してもないので参加者からお金を集めて支払う。<バスの中に置き忘れでした。>
 小屋の外観はトタンが錆びていて、パッとしないが、中は小奇麗である。昔、皇太子が泊った部屋に女性陣が入ったので覗いたが、男性の部屋と同じで違いが判らなかった。
 赤い「遠い飲み屋」のチョウチン看板があるくらい、夜遅くまで飲める場所がある小屋だが、皆さんは明日の行程、私は消えた小屋代の事があるので自重する。
 早朝、トイレの窓から北アルプスがかすかに、小屋の前からは富士山がハッキリ見えたので、朝飯前に編笠山を目指した団体は雲海の上に見える山の展望を得られたと思う。
 朝食を済まして、権現岳へ向う。道は森林帯、景色の良い稜線、クサリ場があったりと変化にとんでいて飽きない道である。
 権現岳の頂上は狭く、大学のパーティを待たせてしまう。分岐で大団体と交差する。
権現小屋ではヒマそうにしている小屋番にガケに登ってもらい真下に見える青年小屋がバックに入る様に写真を撮ってもらう。
 慎重に青年小屋に下って、小屋の主人に送られる。<権現小屋ともオーナー。中高年の安全登山の講師、救助隊の隊長、国際登山ガイドでもあります。>
 雲海で昼食を摂り、観音平でバスの中に小屋代を見つけ、道の駅の「延命の湯」に入る。
参加者に小屋代を返金しつつ、横浜へ無事帰る。
 今回は天気が良くなって良かった。



編笠山・権現岳
権現小屋の前

編笠山・権現岳
青年小屋の前

編笠山・権現岳
観音平

ページトップ

南八ヶ岳の展望台 編笠山2,523m  権現山2,715m

中央高速から南八ヶ岳を見ると一番近くに笠をかぶった様な山(編笠山2523mH)があります。晴れていれば、山頂からは八ツ岳、南北のアルプスの雄大な展望が見える事でしょう。 そして隣の権現山をも目指します。雨の時は原生林の妖精に出会えるかも
尚、今年より会員制度「横山歩」に移行します。<登録料500円2年度有効>


期日 6月11,2日(朝発、山小屋一泊)
行先 南八ヶ岳の展望台 編笠山2,523m 権現山2,715m
参加費 22,500円(バス代、小屋代、傷害保険、登録料)
募集 40名<最少20名>
集 合  6:30 浜駅西口 天理ビル前(横浜山岳協会旗)
コース 横浜西口(6時45分)=>(東名・中央高速)=>小渕沢IC=>観音平…>編笠山…>青年小屋(泊)
青年小屋…>権現山…>青年小屋…>観音平=>小渕沢IC=>(東名・中央高速)
=>横浜西口
歩行時間 約3.5時間と
約5.5時間
歩行距離 約3.5Kmと
約6.5Km
標高差 約1,150m
途中のトイレ 小屋のみ
短縮コース 編笠山の巻道
お弁当 各自持参願います。(味噌汁、ココアは用意します。)
受付 5月1日より5月16日まで、定員数になりましたらキャンセル待ち受付になります。
参加申込 FAX(045−943−4386)かメール(ishii-s@msj.biglobe.ne.jp)又は
郵便(〒224-0037 横浜市都筑区茅ヶ崎南1-3-9-1009 石井清一宛)に
住所、氏名、フリガナ、年齢、1年以内に登った山、(グループ)希望を連絡願います。
参加費 受付連絡を受けてから、横浜銀行・仲町台支店(6003441)口座名「石井 清一」へ、又は セブンイレブンのセブン銀行フリージア支店(0034-102-0765350)提携銀行のキャシュカードにて 口座名「石井 清一」へ、一週間を目処に振込願います。
問合せ 横浜山岳協会 石井へ 電話・FAX(夕方6時から9時) 又はメールにて願います。
キャンセル料 10-8日前20%、7-2日前30%、前日40%、集合時間前50%、後・無連絡100%
当日の連絡先 携帯090-4724-4050 石井

*登録(次回から500円引き)は来年秋まで有効です。
*同行するリーダーは協会役員と各会からの加盟団体の山岳指導員が担当します。
*コースは天候・現地や参加者の状況・下見の結果などで変更する事があります。
*帰路に入浴を予定しています。着替え・タオルなど用意願います。
*集合写真などをホームページ掲載にします。
*申込者には次回の募集要項や来年の山行プラン等を送ります。

参考情報 6月19日(日)夕方に神奈川公会堂にて映画会を開催します。入場無料です。
7月29日(金)夜から8月1日(月) 槍ヶ岳(41500円)、涸沢ヒッテ2泊で計画中です。
7月23,24日 初心者向けエンジョイ登山教室 編笠山・権現岳 25,000円 (+事前トレ10000円)

ページトップ