ホーム > 市民向イベント > 市民登山教室 2009年硫黄岳

市民登山教室 2009年硫黄岳ご報告

教室受講生のおひとりから報告書をいただきました。掲載させていただきます。ありがとうございました。


八ケ岳(硫黄岳)登山記録

[一日目]

9月26日(土)晴れ
JR横浜駅南口(地下改札口の前)に7時30分集合。参加者9名(男5、女4)

※1 美濃戸口―→美濃戸山荘
美濃戸口バス停の側にある「八ケ岳山荘」前で装備等のチェックをし、出発(11:40),すぐに林道に入る。→柳川を渡り、急坂を登るとやがて緩やかな登りとなり、暫く歩くと道は二股となる。南の道をとり、出口で休憩(12:10~12:15)。20分ほどで「山の子村」、「赤岳山荘」の前を通過(12:38)、すると間もなく林道の終点「美濃戸山荘」が見えてくる(12:44)。

※2 美濃戸山荘―→行者小屋
「美濃戸山荘」前の休憩所で昼食をとって一息ついた後、山荘の側にある登山口(八ケ岳の案内図、北沢・南沢の分岐道標あり)から登山道に入る(13:55)。→分岐点を右(南沢ルート)に行く。登り出してすぐに急な登りとなるが、間もなく緩やかな登りに入ると2度沢を渡る。暫く歩くと再び急な登りが続き、 道は沢から離れ、ただひたすら針葉樹林の登り道を歩く。
やがて、針葉樹と落葉樹の混じった緩やかな登りが続き、沢に沿って歩くようになる。何回か沢を渡ると、広い河原に出る。こぶし大の石がゴロゴロしている河原を歩き始めると、上流真正面に大同心、小同心、横岳等が秋の陽を浴び、輝いて見える。そこから約30分程で「行者小屋」に到着(16:08)。

※3 行者小屋
「行者小屋」から見える赤岳は、薄い雲が山の頂にかかっており、全容が見えなかったが、強い風に吹き払われに姿を現してきた。

※4 行者小屋―→中山乗越―→中山展望台
「行者小屋」から中山乗越までは緩やかな登りで、乗越から左に入り、急な登りを上がると5〜6分程で小さな頂「中山展望台」に至る(16:40)。展望台(頂)は狭いが360°の眺めで素晴らしく、左から阿弥陀岳、中岳、赤岳、横岳の峰々がくっきりと見え、又反対側には、中央アルプスも遠く望むことが出来た。

※5 中山乗越―→赤岳鉱泉
中山乗越から「赤岳鉱泉」までは緩やかな下りで、約25分程で到着(17:15)。→200人収容の山荘に本日は約50人程の宿泊で、空き部屋が目立った。我々グループも男5人、女4人夫々一部屋を割り当てられ、ゆったりと寛ぐことができた。早速「赤岳鉱泉」自慢の鉱泉(脱衣所、風呂場兼用)に浸かり疲れを落とす。6時から夕食。7:30~8:30まで勉強会。9時消灯。

[二日目]

9月27日(日)雨後晴れ

※1 赤岳鉱泉―→硫黄岳頂上
朝食は6時から。→前日の天気予報では、本日は「晴れ」ということであったが、夜中から降り出した雨は6時30分頃まで止まず、気温も下がり肌寒く感じる。
出発前ようやく雨は上がったが、用心のため防寒も兼ね雨具を着る。→出発に当たって、必要なものだけ携行することとし、残りの物は「赤岳鉱泉」に預け、硫黄岳頂上に向け出発(7:00)。(舟木さんは、膝の状態が万全でないため待機。)→山荘入口前の登山道から入る。1時間15分程歩くと、這松や樅の木が多くなり、所々石楠花も目に付き始める。やがて、背の高い樹が無くなり、黄土色の地面に張り付いた這松帯に入る。オーレン小屋、硫黄岳の分岐点を過ぎると、約20分程で硫黄岳の頂上に到着(8:55)。

※2 硫黄岳頂上―→三角点
頂上から三角点まで約5分程で到着(9:00)。不気味な口を開けた爆裂火口の溶岩壁の側を通って行くが、所々に亀裂が入っていてクレバスのようになっている個所があり、今にも崩落しそうである。
→硫黄岳及び三角点からのパノラマは絶品で、八ケ岳の峰々の素晴らしさを心行くまで堪能することが出来た。頂上を出発、「赤岳鉱泉」に向かう(9:34)。

※3 赤岳鉱泉―→堰堤下の橋
「赤岳鉱泉」に預けた荷物等の入れ替えをし、下山開始(11:20)。山荘入口を左折、ウッドデッキを通り、道を左に下っていく。20分程すると沢に沿って歩くようになる。
→水は飽くまでも透明で、瀬の流れは速く、川底は鉄分を含んで赤みを帯びた色をしており、又うねうねと続く道の左右は針葉樹の中に落葉樹が混じり、ダケカンバや桜の幹の皮が艶々とし、ナナカマドの赤が落葉樹の黄色とマッチして素晴らしい錦を織り成している。

※4 堰堤下の橋―→美濃戸山荘
沢を何度か渡る。下山開始して約50分程で堰堤を右に見て橋を渡り左折、川を左に見ながら暫く歩き、堰堤広場を過ぎると林道に入る。川から離れ緩やかな下り道となる。→林道沿いには、花が殆ど咲き終わった中でトリカブトが所々で花を咲かせており、鮮やかな青紫が目を和ませてくれる。

※5 美濃戸山荘―→美濃戸口
「美濃戸山荘」前の休憩所で昼食をとる。暫く休憩し、山荘を出発(13:30)、「山の子村」、「赤岳山荘」の前を通り、約25分程で分岐点(北の道、南の道の)に出る。帰りは北の道をとり、そこから約20分程で美濃戸口(バス停)に到着(14:15)。

リーダー:石井、志村(健)
参加者:林、奥、舟木、松山、砂原、小糸、石合、(原田キャンセル)

9/26(土)晴    
横浜発 7:46==>茅野着 10:46 JR特急はまかいじ号
タクシーにて美濃戸口 着 11:22  
11:40  
美濃戸山荘 着 12:41 昼食
13:31  
    南沢経由
行者小屋着 16:05  
16:23  
    山中乗越展望台にて紅葉した南八ヶ岳を堪能。
赤岳鉱泉 着 17:12  
(泊)    
    所要時間 5:30
9/27(日)(早朝は雨)晴    
鉱泉 発 06:57 舟木さんは小屋周辺の散歩
硫黄岳 着 08:53  
09:35  
赤岳鉱泉 着 10:50  
11:16  
    北沢経由
美濃戸山荘 着 12:45 昼食
13:38  
美濃戸口 着 14:10  
14:25  
タクシーにて 茅野駅着 14:47  
14:54 あずさ76号
八王子 着 16:42  
16:50  
横浜 着 17:50  

私にとって
今回初めて列車の旅となりました。バスの旅と違い時間が正確ですが自由がききません。
どちらが良し悪しは分かりませんがそれぞれに楽しいものです。

1日目は予報通りの良天で順調に行動が出来て気分も爽快でした。山での入浴も格別でした。

2日目は早朝、目が覚めると大粒の雨が落ちていて、今日は大変だと思いましたが朝食を終えて 出発の仕度をして表へ出た時には雨も止み、曇りながらも心はは軽く、いざ出発。 登るにつれて天気は次第に良くなり、頂上に至るころには晴天になっていました。

全て良好で無事の下山で2日間の日程をこなし、車中で乾杯し再会を念じ別れました。

ページトップ

市民登山教室

    登山やハイキングを安全で楽しいものとするための机上講習と横浜山岳協会の加盟団体のベテランリーダー達(山岳指導員)が同行する、八ガ岳(百名山)での初心者対象の登山教室です。ご参加をお待ちしております。

キャプテンわん(C)ゆず華/(財)横浜市体育協会 キャプテンわん(C)ゆず華/(財)横浜市体育協会

  日時・会場 内容
机上講習 ・
実技講習
20年9月6日(日)9:00〜11:00 実技(コース)説明、山歩きの心構え・行動
11:00〜17:00 周辺山域にて地図の見方ほか
会場 県立山岳スポーツセンター(秦野市大倉、戸川公園内)研修室雨天時は食堂
0463-87-9025 小田急渋沢駅より大倉行きバス15分、終点
実技講習 (八ガ岳)
1泊2日
9月26日(土)〜9月27日(日) 荷物を小屋に置いての往復登山
1日目 横浜発(貸切バス)7:00⇒(中央)⇒諏訪南IC⇒美濃戸口…行者小屋…赤岳鉱泉(泊)
2日目 赤岳鉱泉…硫黄岳…赤岳鉱泉…美濃戸口 (貸切バス) <日帰入浴> 諏訪南IC⇒中央自動車道⇒横浜着 20:00(予定)

歩程:1日目約4H 2日目約6H
反省会 10月15日(木)19:00〜20:30 実技の反省・講義内容の質疑応答他
会場
横浜市体育協会(中区尾上町6-81、ニッセイビル)の会議室
045-640-0018地下鉄関内駅(北)地下街7番出口より桜木町方面2分、教会の向

対象者 横浜市在住・在勤者(20歳以上)で健康な方。これから登山を始める初心者
予定定員 40人(最少催行15人)応募者多数の時は9月6日に公開抽選します。
参加料 25,000円《机上講習料・貸切バス代・宿泊代・保険料等》
9/6のみ<講習料・保険料等>1,000円
申込方法 往復ハガキ(1人1枚…重複は不可)に住所・氏名(返信用にも記載のこと)・年齢・性別・電話番号を記入し、8月28日(金)までに下記へ。
申し込み時の個人情報は次回案内等に使用します。
集合写真はホームページに掲載します。
申込先・問合せ先 名前(横浜山岳協会)石井 清一<ishii-s@msj.biglobe.ne.jp
住所:〒224-0037横浜市都筑区茅ヶ崎南1-3-9-1009
TEL:(自)045-943-4386(朝8時〜9時)FAX:同番(朝7時〜夜11時)

主催:横浜市市民活力推進局/財団法人横浜市体育協会
主管:横浜山岳協会

ページトップ